(日本語) マドラサ——中世イスラーム世界における知の伝承

2021年 03月01日

執筆者:大津谷 馨

Sorry, this entry is only available in Japanese.

執筆者プロフィール

大津谷 馨(Kaori Otsuya)

リエージュ大学哲学文学研究科博士課程(FNRSフェロー)

京都大学文学研究科で修士課程修了後、同研究科博士課程に進学。ボン大学Annemarie Schimmel Kollegのフェロー、日本学術振興会特別研究員(DC2)を経て、2019年よりリエージュ大学博士課程在学(FNRSフェロー)。

論文に、“Mālikī Imams of the Sacred Mosque and Pilgrims from Takrūr,” Chroniques du manuscrit au Yémen 25 (2018): 53–72.

ひとこと

13~15世紀メッカ・メディナのウラマーの活動について研究しています。人が絶えず流入しムスリム君主たちの思惑が交錯するイスラームの二大聖地において、世界各地から来訪した人々がいかに共存し、社会に統合されていたのか、またいかに支配者や民衆と関わっていたかに興味を持っています。

PAGETOP